コミュニケーションを大切にします

当院では全ての患者様とのコミュニケーションを大切にするためにカウンセリングコーナーを設けました。そのため、患者様お一人お一人としっかり向き合い、十分に時間をかけて丁寧なカウンセリングを行うことができます。
患者さんの口の中の写真や歯科用CTを見ながら適切な治療を一緒に考えて選択します。

分かりにくい治療の説明もアニメーションを使って分かりやすく説明いたします。


医学的に最善な治療法=患者さんに最適な治療法 とは考えていません。
患者様それぞれにあった最適な治療法を一緒に考え、納得していただいたうえで治療に進みますので、希望に沿わない治療は行いません。

丁寧な説明と同意(インフォームドコンセト)を基本理念に診療しております。


痛くない治療を心掛けます

歯の治療をするときに、できればなるべく痛みを伴いたくないものです。
麻酔をすれば、基本的に痛みをほぼ感じずに治療が出来るのですが、「麻酔の注射自体が痛い」という患者様の声を良く耳にします。
当院ではこの麻酔の注射をできるだけ痛みの少ない方法で行っています。
無痛治療を行うために、表面麻酔薬を塗ってから麻酔の針を挿入します。表面麻酔の効果により針を刺す際のチクッという痛みを防ぐことができます。
また、電動注射器を用い注射圧を低い状態に保てるため、痛みの少ない麻酔を可能にします。
注射針は33G(業界でもっとも細い)のものを使用することにより、刺入時の痛みを最小限に抑えます。


最新のシステムでわかり易い診断を行います

当医院では最新の歯科用CTを導入しています。
従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。

そのため、インプラントのための診査や歯周病の程度を正確に行うことができ、また、親知らずの抜歯や根管治療(根っこの治療)においてもより安全、確実に治療することができます。また、当院の歯科用CTは、医科用のCTとは異なり、低被爆での撮影が可能です。

インプラント治療

骨の幅や高さなどの状態、また、神経の走行を立体的に確認する事ができ、より安全な治療を行うことができます。

歯周病治療

歯の周囲の骨の吸収の程度が、立体的に把握でき、歯周病の進行度が正確に診断できます。それにより、最善の治療計画をたてることができ、治療の予知性が高くなります。

親知らずの抜歯

歯の位置や向き、また神経との位置関係が3次元的にわかることで、抜歯が手際よく安全に行えます。

根管治療(根っこの治療)

歯の根の先の病変の大きさや位置など、通常のレントゲン画像に比べてはるかに正確な診断ができ、治療の予知性も高くなります。



徹底した院内感染予防に努めています

まこと歯科クリニックでは、ミラーやピンセット、外科器具、タービンはもちろん患者様の口の中を触るものはすべて、患者様ごとに滅菌パックしております。
また、エプロン・コップ・ヘッドレストカバー、ドクター・スタッフの使用した手袋は全て患者様毎に使い捨てにすることで、安心して気持ちよく治療を受けて頂きたいと思っています。

滅菌は以下の2種類の機器を用いて行っております

オートクレーブ

132度の高圧蒸気で滅菌する機械で、HIV・肝炎ウイルスなどあらゆる病原菌を死滅できます。

ホルホープ

ホルマリンを用いて滅菌する機械です。
高温にかけられないプラスチック器具などを滅菌します。
HIV・肝炎ウイルスなどあらゆる病原菌を死滅できます。




メンテナンスと予防に力を入れています

当クリニックでは、治療はもちろんのこと、メンテナンスと予防にも力を入れています。
歯や口の病気は、しっかりしたメンテナンスと積極的な予防処置で防げることがわかっています。また、健康な歯は、全身の健康をも呼び起こします。
生涯にわたる健康な歯、美しい歯は予防に始まり、予防に終わります。
歯科医院の役割は、けっして治療だけではありません。
気軽に足を運んでいただき、お口の中の予防処置を通して、皆様の健康のお手伝いが出来れば幸いです。